スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下請け代金を不当に減額、神奈川の運送会社に再発防止勧告 公取委(産経新聞)

 公正取引委員会は27日、下請け業者に支払う代金計約1700万円を不当に減額したとして、下請法違反で諸星運輸(神奈川県小田原市)に再発防止を勧告した。

 公取委によると、諸星運輸は平成20年3月から21年11月の間、下請け会社約50社に「値引き」や「手数料」の名目で代金の減額に応じるよう文書で依頼。求めに応じた関東、関西地方の計3社の代金1430万~44万円を減額した。

 公取委の調査を受け、諸星運輸は21年9月と11月に対象となった下請け会社にカットした代金全額を支払った。

【関連記事】
「日航再建問題で政府の関与に疑問」慶応大の岸博幸教授
3700万円を不当減額、公取委がコイズミ物流に勧告
全日空社長「公正公平な競争環境を」 国交省に要望
公取委も“特例” 藩政時代から続く仙台初売り
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り

<脅迫>小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 政治姿勢を批判(毎日新聞)
<訃報>山元峯生さん64歳=全日空副会長、前社長(毎日新聞)
「争点について…失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官(産経新聞)
不正入手の映画提供、ネットカフェ強制捜査(読売新聞)
脱皮2時間以内!「漁師の伊勢エビ」発売へ(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

下請法違反

下請法違反は企業としては、許されないことです。

下請けを信用させておきながら、実際には減額や不払いを行う。
しかし、民事で争うのは費用面で難しい。そこを利用してお金や労働力を搾取する泥棒や詐欺に近い犯罪です。

例えば、香川県の株式会社オーエンは、下請法の不払い、不当な役務提供で行政指導を受けていますが対応を一切行っていません。
こんな世の中でよいのでしょうか?
プロフィール

とみざわよしおさん

Author:とみざわよしおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。